運転免許の種類と取得


運転免許を取得する際に、運転免許にも様々な種類があることを理解していなくてはなりません。第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許と大まかに分かれています。第一種運転免許は上位免許と呼ばれており、一つの免許を取れば複数の自動車に乗ることが可能になります。第二種免許は営利目的で人を乗せて運転したり、運んだりする際に必要な免許です。バスやタクシーなどは第二種運転免許がなければ運転できません。

 

第一種運転免許ですと普通免許、中型、大型、原付、普通二輪、大型二輪、小型特殊、大型特殊、牽引免許と9種類あります。普通に乗用車を乗るために取得するのならば普通免許です。運転免許を持っている8割ほどの人間はこの普通免許をもっていると言われています。第二種運転免許では大型第二種、中型第二種、普通第二種、大型特殊第二種、けん引第二種免許と5種類あります。仮運転免許は一般道で練習や試験を受けるために必要な仮の免許であり、取得には教習所で試験を受けなければなりません。

 

様々な種類がある運転免許ですが、これらを取得するためには教習所で授業を受けて試験を受け合格しなければ取得できません。免許取得までには教習所に入所受け付けをして学科を受けて、所内での修了検定を受けて仮免許を取得し路上での実技試験を受けます。それらを合格してようやく卒業でき、運転免許試験場での試験を受けることが可能になります。教習所に通いながら取得することが基本ですが合宿免許ですと比較的短期間での取得が可能になります。当サイトでは合宿免許での取得、第二種免許取得について説明します。