合宿免許のメリット


合宿免許での最大のメリットは非常に短期間での免許取得が可能ということです。学生なども長期休暇に入った時にその期間を利用して免許を取得する人が多くいます。期間はおおよそ2週間から3週間程度です。普通に教習所に通うのと違うのはカリキュラムを自らでは決められず、決められたプランに従うので徐々に自分のペースでやりたい人には向かないかもしれません。

非常に短期間で集中して行うため、上達が早く感じられます。普段から仕事をしていて学生のようにまとまった休暇がとれない人は難しいのが現状です。合宿免許ですと料金も安いのがメリットの一つです。長期休暇の時期だと割高になるので少し時期をずらせばお得な価格で受けることができるでしょう。

合宿免許で1つ気になることは、短期間とはいえその宿泊施設に2週間程度泊まらなければならないということです。同じ目的をもってやってきているので親しくなれることも多いでしょうが、必ずしもそういった人だけではありません。合宿免許にもプランが沢山用意されていますので、相部屋かシングルか?自分の時間が最優先か出会いが大事か?それぞれによって選択するプランは変わってくるでしょう。何が一番自分にとってメリットになるかを考えて判断しましょう。食事やインターネット環境等も教習所によって変わりますので事前調査は怠らないようにしましょう。

 

第二種免許取得

合宿免許での取得を目指すことが決まったら、第二種免許と第一種運転免許の違いを把握しましょう。第二種免許はお金をもらって車を運転する業種に勤めるために必要な資格です。第二種免許の取得までには学科試験と実技試験があり、その二つに合格した後旅客者講習、応急処置講習を受けなければなりません。

 

第二種免許は第一種免許よりも人の命を預かる仕事なので当然試験の難易度が上がります。学科試験も基本を押さえた上でしっかり傾向と対策をすることで合格率が上がります。正答率の低い問題は教習所で丁寧に解説してくれるのでそこでしっかり理解しておきましょう。第二種免許は学科よりも実技試験の方が重要視されています。受験者の多くが学科をクリアしても実技で8割程度の受験者が落ちます。一発合格となると全体の1割程度しかいないというので相当難易度が高いといえるでしょう。

 

第二種免許は人を乗せているという感覚が非常に重要であり、実技試験でも普通免許の感覚で受けてしまうと減点対象になってしまうので気をつけましょう。自力で勉強することも可能ですが教習所で学ぶ方が良いでしょう。合宿免許ですと短期間で学科も実技もしっかり教われるので第二種免許取得へ一気に近づけるので、集中して早く資格が欲しい人は多少費用がかかっても合宿免許で学びましょう。